ロックを卒業して、洋楽ロックの名盤を薦めてくるオヤジを黙らせるための5枚の音楽アルバム

今週のお題「卒業」音楽
井出くんが聴くべき10枚の音楽アルバム | 世界中の1%の人々へ

http://www.dakiny.com/archives/music/listen-to-10-albums/

という記事を見た。そして腹が立った。

「井出くんが聴くべき10枚の音楽アルバム」を気持ち悪く感じるポイント - ARTIFACT@ハテナ系
http://d.hatena.ne.jp/kanose/20120309/idekunalbum

なんなんだこのオヤジ共は。

「洋楽の名盤は基礎教養だよね」「オヤジに話合わせるために音楽を聴け」だぁ?

あげくに薦めるアルバムも。正直いきなり初心者が「imagine」聞いて表題曲以外で感心するか?(正直タルいアルバムだと思う)

『「愛しのレイラ」ってクラプトンがジョージハリスンの奥さんに向けた歌なんすよねえ〜』とか言って欲しいのか?うざっ

とかいう細かいツッコミは置いといて、この記事に対する異様な嫌悪感は

彼らに自分自身の「権威化」の匂いを感じるからだ。ようは「こんなすごいことを知ってる俺等は凄い」ってやつね。

しかもそれらの特権をまるで機会の平等のように語っていて、その実ただのリアルタイム経験の反映だったりするやつ。

こいつらオッサン共がこういうアルバムを薦めてきた時に「はあ、じゃあ自分のおすすめしたアルバムも聞いてくださいよ」といって薦めるアルバムを5枚上げてみた

はっきり言うと、彼らのアーカイブにある種の「偏り」これはつまりロック主義的な聴き方では通用しない名盤を上げて

「本当に音楽きいてるんすかあ?」とやるための意地の悪い選び方である

これは言わば「カウンター攻撃」のための防御カードのようなもので、普通は見せるものではない(こういうとき、ミイラ取りがミイラになることは注意しよう)

ただ、これ自体の音楽の質は文句なく良質であることは保証するし、ほとんど歴史的な名盤であることは疑いない。


1.ネフェルティティ /miles davis

まずはオッサン大好きな67年から1枚。

繰り返されるメインテーマの上でリズムセクションがアドリブを繰り返す。このスリル。この緊張感。

そして最もベトナム戦争を描いた音楽作品としての傑作

おっさんでもjazz好き、コルトレーン好きはいるけど、その実「至上の愛」をまるでムード歌謡のように聴き、「泣きのフレーズ」などと言ってるだけだったりする

Super Ape/リー・“スクラッチ”・ペリー

Super Ape

Super Ape

70年代から。

現在でも「ダブステップ」というジャンルが流通しているとおり(音楽としてはかなり遠い)

一度完成された作品に新たに手を加えるという「ダブ」という行為は70年代以降、最も重要な手法であると同時に

現在では標準的な感覚となっている。後のhiphop、クラブミュージック全ての祖

Chronic/Dr.dre

Chronic

Chronic

1992年。クラシック(古典)の名をほしいままにする超名盤。

「ヒップホップなんて何言ってるかわかんないとつまんないし、メロディーもないし退屈」という言葉を引き出せたなら、

そのおっさんはメロディーと歌詞しか聞いていないという証拠を掴んだも同じだ。大いに盛り上がるようなエモーションの流れもないが

ここに詰まってるグルーヴのおいしさに気付かないオヤジの話はきかなくていい

brown sugar/D'angelo

Brown Sugar

Brown Sugar

1995年。これも言わずと知れた超名盤。

このアルバムにはロキノンが言うところの「ロック」以外の音楽が全て入っている。

もし5枚のうち1枚を上げるなら断然このアルバムを推す。

ADEPRESSIVE CANNOT GOTO THECEREMONY /imoutoid

http://maltinerecords.cs8.biz/14.html

最後に00年代から。

鬼才、天才の名をほしいままに、夭折を遂げたimoutoid18歳の作品。

某エロゲーからのサンプリング、アニメ声とおっさんの美意識を逆撫でさせよう。